CSR活動

経営理念

経営理念

横田石油グループは、エネルギー資源に関連した事業を通し、 継続して地域社会・経済の発展に貢献します。

CSR基本方針・推進

横田石油グループ経営理念のもと、地域社会信頼の確立を目的として、基本方針・推進体制を定めています。

基本方針
従業員の一人一人が『横田石油グループの経営理念』を誠実に実践することを通じて、社会に対する責任を着実に果たし、ステークホルダー(利害関係者)から信頼される企業グループの確立を目指す。(三信条)
重点分野
行動の重点を『安全』・『自立』・『無心』・『育成』としている。(4つのバリュー)
推進体制
CSR活動は、横田石油7部署及び各グループ会社のそれぞれの所属長を推進者としています。各グループ会社は、『横田ガス(ホテル シーショア・リゾート含)』・『咲新興業』・『寿自動車整備』・『横田エネルギー』・『宏栄産業』の6社です。

コンプライアンスからCSRの関係

コンプライアンスからCSRの関係

CSR(企業の社会的責任)

人権と労働
  • 雇用差別の禁止
  • 適切な労働条件の体制構築
  • 安全衛生および健康管理の徹底
地球環境への取り組み
  • 廃油・廃棄物の適切な処理およびリサイクル
  • 事業活動における騒音の削減対策
  • 消耗資源の有効活用を図る
  • LEDなどを活用した省エネへの取り組み
品質・安全性
  • 商品の品質管理により適切に供給を行う
  • 事故発生時の所轄当局への早急な連絡体制
  • 災害発生時、姫路市へ燃料の優先供給
情報管理
  • ネットワークの防御体制および管理の徹底
  • 顧客、社員情報の適切な管理・保護
  • 機密情報の不正利用防止
公正な企業活動
  • 健全な対顧客関係の維持
  • 不適切な贈答・接待・贈収賄の禁止
  • 反社会的勢力・団体との関係排除
地域志向・地域貢献
  • 地域の各種イベントへの積極参加・協賛
  • 地域周辺企業・住民との良好な関係構築・維持
  • 本社及び事業所周辺の定期清掃の実施

コーポレートガバナンス(企業統治)

基本的な考え方
横田石油グループは、取締役会による意思決定と業務遂行の体制をとる。業務執行案件の決定には、協議機関として社長・専務・取締役・監査役からなる経営会議を設置し、慎重な審議を経て社長が最終決定を行う。
内部統制の整備・運用
横田石油グループは、法令等(法令・定款・規程類等)への違反行為の早期発見是正を図るため、社内の取締役、監査役および社外弁護士と連携した体制を構成し対応する。
取締役会の運営
横田石油グループの取締役会の議長は、取締役会において自由闊達な意見交換が行われ建設的で質の高い議論が行われるよう適切に議事運営を行う。取締役会の開催は、奇数月の下旬に開催を原則とするが、年末月(12月)及び取締役会の開催が必要と判断される場合は適宜開催する。
取締役及び監査役の他社役員兼務
横田石油グループの取締役会及び監査役は、他社の役員を兼務する場合、取締役または監査役として職務遂行に支障が生じないよう配慮する。
取締役の利益相反取引の制限
横田石油グループの取締役について、会社法に定める利益相反取引が生じる場合は、自社の利益が害されないよう、同法の定めに基づき自社の取締役会において決議するとともに取引実績を報告する。

ステークホルダー(利害関係者)

(消費者、地域社会、従業員、取引先関係、株主、行政機関)

お客様
お客様

横田石油グループは、販売担当窓口をはじめとして色々な手段・方法でお客様のご意見や要望を伺っています。これらの声は関係各部門で共有し、迅速かつ誠実に対応していきます。

地域社会
地域社会

横田石油グループは、事業活動を通じて地域社会からのニーズや期待に応えるとともに、地域行事へは積極的に参加し地域とのコミュニケーションをはかりながら責任ある企業活動を行うことを目指します。

従業員
従業員

横田石油グループは、従業員も重要なステークホルダーとして位置づけ、一人一人が安心して働き、能力を最大限発揮できるよう各種制度を整備しています。

お取引先
お取引先

横田石油グループにとってお取引先は、重要なパートナーであり公平・公正な取り引きを常に心がけるとともに、対話を通じて健全な関係を保つよう努力しています。

コンプライアンス(法令遵守)

横田石油グループは、公正な企業活動を展開し社会的信頼を向上させるために 当社グループでコンプライアンスを徹底するための『ガイドライン』を制定し、 業務上のあらうる場面において法令・定款・規程を遵守することを方針として掲げています。

適用法令およびリスクの把握
横田石油グループの役員および従業員は、あらゆる業務に適用される最新の法令およびそれらの違反にかかるリスク把握するべく、定期的に法令改正情報を確認しています。
規程類の改定・整備
横田石油グループの役員および従業員は、実効性のあるコンプライアンス確保のため、法令等の違反にかかるリスクを把握したうえリスクの発現を防ぐべく適正に運用することに努めています。
教育・研修の実施
企業倫理およびコンプライアンスは、日常業務において各自が責任を持って実践するものであるが認識を定着させるため教育・研修会を実施している。
法令情報の共有
業務に関係する法令および改正情報等については、グループウェアに掲示し共有情報の提供に努めています。

環境方針

わたしたちは事業活動が環境にさまざまな影響を与えていることを自覚し、 地球環境に配慮し環境保全と節約に最善を尽くし地域社会に貢献し信頼される企業を目指します。

特に以下の事を重点的に取り組みます。

  1. 産業廃棄物に新たな価値を見いだし、リサイクル及び有効エネルギー化の ご提案をさせていただき再生エネルギー事業を推進します。
  2. 省エネルギー・省資源の商品を提案し環境負荷のより少ない商品・サービスを提供に努めます。
  3. オフィス活動の中、消耗資源を図り廃棄物の削減に努めます。
  4. LEDなどを活用した省エネへの取り組みを推進します。

この環境方針を当社で働く全員に周知し、環境活動を推進します。